安くするコツ

電卓とお金 引越しをする時は荷物がたくさんあると費用が高くなってしまいがちなので、出来るだけ荷物を減らすようにします。さらに相見積もりを取って出来るだけ安いところに依頼することや、無料サービスを活用するのも費用を節約為るコツです。

詳しく見る

交渉することも大切

女性

引っ越すときにかかるお金

何かとお金が掛かる引越しですが、具体的にはどのような項目にどれくらいの費用がかかるのでしょうか。賃貸と持ち家ではかかる費用は大きく異なります。賃貸の場合は初期費用が掛かります。内訳は物件によって異なりますが、敷金や礼金、前家賃などが掛かります。それ以外にも仲介業者へ支払う手数料や鍵交換費用、住宅保険などの加入が必須になりますので、大体家賃の6倍程度は資金を用意しておくと安心です。持ち家の場合はローンを組むので負債を抱える形になります。頭金をどれくらい支払うかによっても初期にかかる費用が異なります。新居関係の費用は賃貸と持ち家とでは大きく変わってきますが、引越し費用については引越し先への移動距離や荷物の多さによって相場費用は大体同じになります。単身での引越しならば荷物も少ないですし単身パックなどがありますので3万円から5万円程度で済むことがほとんどです。格安業者を利用して人件費などを削減すれば1万円台で引越しすることも可能です。大手の引越し業者を利用する場合は先に述べたように3万円から5万円程度かかるとみてください。移動距離が長くなればそれだけ料金が加算されると考えて良いでしょう。世帯の場合はトラック1台では足りないことも多いですし、家族の人数が多ければそれだけ荷物も多くなりますので料金も高くなるでしょう。移動距離が近い場合は5万円から10万円程度みておくべきです。移動距離が長くなったり離島への引越しでフェリーを使用したりする場合は数十万円プラスになることもありますので事前安い業者をリサーチすることをおすすめします。

転居する際の流れ

男性作業員 引越しする場合、ある程度まとまった資金が掛かりますから、出来るだけコストを抑えたい場合は引越し費用が安い物件や引越し業者を探すのもアリかもしれません。ギリギリで物件探しを行うよりもある程度余裕を持った方が安心です。

詳しく見る

業者を利用するなら

電卓とトラックの模型 費用を抑えてお得に引越しをするためには、オンラインの一括見積もりサービスが欠かせません。必要事項を入力するだけで簡単に相場が分かる便利なサービスで、初めての人でも優良な業者を利用して賢く住み替えができます。

詳しく見る

単身で引っ越すなら

トラックの模型 荷物が少ない単身の方が引越しするときに人気になっているのが、業者が行っている単身パックというサービスです。運べる荷物の容量や費用は公式ウェブサイトに載っているので、単身パックが気になるなら調べてみましょう。

詳しく見る

業者を比較しよう

家族 引越し業者へ依頼する場合、業者によって掛かる費用が異なりますので必ず比較してから申込をしましょう。引越しについては繁忙期は難しいかもしれませんが、閑散期であれば交渉次第で引越し料金を引き下げることができる可能性が高くなります。

詳しく見る